20代のシンガポール暮らし

一生日本に戻りたくない日本人がシンガポールで「自由」に暮らしているブログ

シンガポールの良い駐妻と悪い駐妻

f:id:ruby89:20180409165003j:plain

 

シンガポールにおける在留邦人数(2016年10月1日現在)。外務省では毎年10月1日に海外在留邦人数調査を実施していますが、2016年、10月1日現在のシンガポールにおける在留邦人数は37,504人(長期滞在者34,977人、永住者2,527人)です。

参照:外務省

 

要は日系の駐在員&現地採用を含む長期滞在者はシンガポールに約3.5万人いて、そのざっくり3割くらいの1万人はDependant Passのビザで滞在している、いわゆる「駐妻」なわけです。

 

とにかくめちゃめちゃ多いです。

 

仕事やお付き合いでよく駐妻の方々にBBQに呼んで頂いたり、現採で会員でないのにもかかわらず「日本人会」のイベントにありがたいことによく誘って頂いています。自分の周りの駐妻さんたちは皆さん本当に楽しい方ばかりで、優しい方が多いです。ただ、たまにいるんですね。

 

 

 

「あ。この人ムリだ。」

 

 

という駐妻。

 

自分は駐在員でもなければ、奥さんがいるわけでもないのでこのズルい立ち位置を最大限に活用してシンガポールの駐妻について書きたいと思います。

 

 

 

駐妻の種類

自分が個人的に思うシンガポールにいる駐妻を4つのタイプにざっくり分けてみました。

  • 海外経験豊富でローカライズもバッチリ駐妻
  • 旦那様は外国人なセレブ駐妻
  • わたしスゴいぞ勘違い駐妻
  • 自由に生きたいひっそり駐妻

こんな感じです。

 

「バッチリ駐妻」

はおそらく一番シンガポール生活を楽しんでいるタイプです。特徴としては・英語がある程度話せる・海外生活歴4年以上・大抵赴任が2回目以上・ローカルの友人もいる・人望がある・他の駐妻から嫉妬される・駐妻経験が長すぎて他人を見る目がありすぎる・子供もグローバル化・40代から60代・日本に戻りたくないけど戻らざるを得ない宿命・気楽な人間関係を構築できる・旦那さんが優秀すぎるなどが挙げられます。

 

単純にシンガポールでの生活、人生そのものを楽しんでいて、特に「駐妻」という肩書きを気にしていないタイプです。こういう人たちと関わると非常に楽しい。英語が話せるせいか、交友関係が日本村のみならず、広いため、現地採用の身としては恐ろしいほど「情報」を持っている。勉強になります。裏表はあまり無く、気軽に関わることができます。やはりグループとなる中心人物が良い人であれば周りに集まる人間も多くなり、良好な人間関係が構築できるので、ぜひこのような駐妻さんを見極めてお付き合いすることをオススメします。

 

「セレブ駐妻」

は一般の日本人の常識を余裕で超えてくるタイプです。特徴としては・海外生活歴が長すぎる・日本には一生戻らない予定・だけど1年に5回くらい日本へ旅行へ行く・旦那さんが資産家・シンガポールにコンドを自身で保有している・交友関係をある程度制限している・子供がハーフ・教育に熱心・夫婦がとても仲良し・よく他の駐妻に妬まれる・メイドと運転手は当たり前・シンガポールに飽きている・上の上を知っているから自分をセレブと思っていない・財布は旦那さん管理・日本人と関わるのは信頼できる人だけなどが挙げられます。

 

日本人と関わるのは面倒くさいと思っているためあまり日本人と関わることは多くない。さらにシンガポールに富裕層が多いため自分がセレブと思っていない脱・駐妻のようなタイプです。このような人たちは普通に暮らしていたら出会える確率はとても少なく、気の許す日本人の友人のみしか交流しません。シンガポール人と結婚したらもはや駐妻では無いですが、アメリカ人やオーストラリア人などと結婚した場合は駐妻になります。単一民族の「日本人」女性が外国人のお金持ち男性と結婚したのですから、それはもうタフでしっかりとした人が多い印象です。よく性格の悪い駐妻に妬まれることが多いですが、ハナから相手にしていません。かっこいいです。

 

「勘違い駐妻」

は自身の価値を全て「旦那」と「子供」に置き換えて他人と比較するプライド高すぎタイプです。 特徴としては・マダムオーラ・社名と大学名で他者を査定・教育研究家・ブランド品大好き・コミュニティに積極的・旦那さんの財布を管理・ちょっと太ってる・子供は基本留学・子供自慢・英語が話せる・顔は広いが人気は低い・リーダー気質・金持ちだと思っている・自分のことを話したがり・自分は「特別」だと勘違いしている・駐妻歴は長いが、大抵シンガポールのみ・旦那さんの社会的地位が高い・他人を妬む・「駐妻」の肩書きを取ったら何も残らないなどが挙げられます。

 

駐妻としてのプライドを持っていて、旦那さんの影響力を自らの人間的長所と勘違いしちゃうタイプです。これが一番タチ悪いタイプです。本当にいます。自分の実力不足を補うためにあらゆるもので武装してバレないようにするのが必死。現地採用でシンガポールで働いています!なんて言ったら「あ、落ちこぼれね」と心の中ですぐ判断します。それが顔に出るから尚更です。初対面で直ぐに、社名と学歴を聞き出し、それに応じた対応をします。今の時代そんなドラマみたいな人いないだろと思うかもしれませんが、これがたまにいるのが面白いとこです。すぐに逃げましょう。心が疲弊します。

 

「ひっそり駐妻」

は上記のような「勘違い駐妻」による面倒くさい人間関係やストレスを回避するために必要最低限の交流をしている非常にスマートなタイプです。特徴としては・海外赴任初心者・家庭想い・精神がある程度タフ・英語は話せないが意思疎通はできる・比較的若い・日本に本帰国したときのことも考えてある・本当は旦那さん大好き・ローカルの友人がいる・日本人の面倒くさい人間関係にたまに付き合ってあげてる・親しい日本人友人がいる・「勘違い駐妻」の避け方を習得した・最初は苦労した・実は寂しい・ペットが好き・大好きな趣味があるなどが挙げられます。

 

とてもスマートな奥さんで家庭の健康をしっかりと守る実は駐妻として一番最適なタイプです。別に日本人との交流が嫌いな訳では無く、特にお子さんがいる場合は「お付き合い」が必要なことも理解している。ただ、初めての海外赴任・旦那さんが忙しすぎる・育児が大変など、プライベートを充実させる以前の問題にしっかりと取り組んでいることが多いです。自分で自分の楽しみを見つけられている人が多いためか、旦那さんが仕事に集中でき、帰国してから出世されている人もいます。初回の海外赴任を家庭円満で終えることができると、次の海外赴任のチャンスがグッと高まるので、スマートな奥様方はあらゆる献身的な努力をしています。

 

 

良い駐妻・悪い駐妻

 

駐妻というカテゴリーは本当に面白いです。

 

特にシンガポールには母数が多いので本当に様々な人たちがいます。駐妻と言うと「派手な生活」「豊かな暮らし」「海外旅行」「贅沢な食事」なイメージがありますが、これは否定できません。実際そうです。日本の専業主婦と比べると申し訳ないですが、(幸福度・豊かさは別として)経済的な生活の質は上だと思います。

 

生活水準がいきなり上がると、心の中で全ての駐妻が一瞬は気の緩みから勘違いすることでしょう。

 

「あ。私って選ばれた人間なんだ」と。完全なる錯覚にすぎませんが、人間どうしてもどこかで「選ばれた」と思うことが大好きなんです。

 

 

もちろん誰もそんなこと口に出しません。

 

 

ただ、その事実をどうひとつの人生として律していくかが重要です。驕らず、高ぶらず、周りに平等に接することができる人こそが一番立派。そういう人は接してみてものの数分で分かります。「あ、この人なら信頼できそう」って思えます。

 

そのような駐妻さんはシンガポールに多いです。

 

さらに、そのような人たちは自然と集まります。大量の日本人がシンガポールにいるなかで、どのようにその貴重な海外生活の時間を使っていくのかはとても大事になりますよね。確かにグループの中心にいる人って近寄りがたいかもしれませんが、その人が思いやりがあって信頼できる立派な方だからこそ、何かと人間関係のストレスが多い駐妻社会なかで周りはその人を選択して集まってきます。結果的に良いコミュニティーが形成されているのを実際にこの目で見てきました。

 

 

 

面倒くさい駐妻はいます。

 

 

 

いじめ・不倫・陰口・比較・など日本人特有な陰湿なことをする人はどこにでもいると思います。異端なモノには蓋をして、出る杭は打たれて、和を乱すモノは排除する。どれもこれも「古いおばさん」がやることです。

 

ただ、安心してください。

シンガポールにはたくさん良い人たちがいるのは確かです。

 

母数が多すぎるので「女子校」みたいな変なカースト制度はないです。あの人の旦那さんは商社だから・銀行だから・不動産だから・メーカーだからってそれを取っ払ったらあなたは何が残るの?お相手のステータスを逐一気にする人は放っておきましょう。だってその人の他に1万人もいるんですから。

 

小銭程度も稼がずに旦那さんの収入に頼り切って、人として他者の為になる方法を日本に置いてきたようなペット化した「駐妻」だけにはならないで。そのような人に他者をどうこう言う権限はありません。

 

「あの人の旦那さん◯◯会社で、家賃◯◯円のコンドミニアムに住んでいるそうよ」って、ふざけんな。黙ってろ。くだらないことで人に優越つけんな。そんな価値観を持った古いおばさんは今の新しい時代の駐妻にはなんの価値にもなりません。「新駐妻」はもっと視野が広くて、スマートなんです。日本人村だけに依存することがいかに人生的につまらないかを知っているから。

 

駐妻の立ち位置って本当に難しくて時にはストレスフルだと思います。

 

日本より海外にいるときの方が人間関係に敏感になりますよね。みんな楽しく平和に海外生活を過ごしたいと思っているのに、一部の人間のせいで台無しにされる。頼れる人間は全員日本にいて、唯一の味方の旦那さんは仕事で忙しい。

 

助け合いが必要な海外生活はある程度の覚悟が必要です。良い駐妻と悪い駐妻をしっかりと見極めて、中学生の恋みたいな「この人しか見れない」ようなことにならないようにしましょう。大切で必要なモノだけ握りしめて、残りは2秒で捨てれる勇気が必要です。

 

 

まとめ

駐在妻は特殊なカテゴリーだと思います。

 

仕事をしなくても良いし、1日中家に篭って家事をしていても良い。言うなればある意味「経済的自由」を手にしている訳です。


ですが、この「自由」が人をたまに狂わせるとも思っています。なぜなら「自由」と2人3脚でいつもついてくる「暇」という不安感が人にストレスを与えるからです。

 

実際にこの「暇」を相手に屈して、鬱病になる駐在妻もいました。自分の「人間的価値」を見失ったのです。人間は他者に貢献するとき、人の役に立てた時にに人生の幸福を実感するようにできていますが、駐在妻は海外という場所で自身の「必要性」を自問自答するようになります。

 

子育てをしているなら全く問題ないですが、子育てを終えた駐在妻は早めに次の人生の目標を立てることをオススメします。「私はやることがあるから大丈夫だわ」と思っている人も実は危ないんです。人間は常に行動していなければ人生の「暇」を潰すことはできません。なので、今一度自身の人生で「やりたいこと。成し遂げたいこと。」は何なのかを考えることを強くオススメします。

 

 

なぜこのようなリアルな駐在妻実情も知っているのか。

 

 

実は現地採用と駐妻は畑が離れているせいか、すごい話しやすいです。周りの駐妻さんは現地採用と伝えたら比較も何もせずに「すごい!ずっとこれから海外で暮らして行くなんて逞しいね!」と言ってくれます。今の時代、若者はあまり海外に出たがらないからでしょうか。なので本当に様々なお話しをしています。

 

 

自分は駐在員に憧れましたが、今となっては現地採用で良かったと思っています。

 

 

一番の理由は「世界のどこでも生きていける人材」になりたいから。そのためには、若いうちから海外で経験を積まなくてはならないと考えました。同じ企業で10年経ってようやくチャンスがもらえる(確定ではない)ようじゃ遅すぎる。心も身体も柔軟性があるうちに海外のビジネスに揉まれたい。同じ企業に数十年いること自体がどうなのかと疑問でもありました。昔と今じゃ時代が違いすぎる。東芝が食われたように、中国に大敗を期し、米国のAmazonにEC業を占領され、数十年後にはGDPでエジプトに抜かれると予測されている。安定を求めることは自分には恐すぎてできません。

 

どこでもいいから「良い大学」を出ておけば「良い会社」に入れて、安定した生活がおくれるというのは時代遅れだと思っています。そういった概念を持った高度経済成長期やバブル期など日本の良い時代を過ごしてきた親は「勘違い駐妻」に多いです。社名と学歴は大事だとは思います。気にする人には大事です。人間を社会評価するときに使える便利なデータだと思います。ただ、気にしない人には相手の「情熱」「アイデア」「未来話」が気になるんです。会社という組織と学歴を取っ払ったとき。その武装を外した生身の姿で「何が語れるか」が一番人間の面白みが出る瞬間だと信じています。

 

二度と勘違い駐妻にバカにされないように、現地採用だからこそ立派な日本人がいることを証明していきます。
自分のモチベーションを上げてくれた一昨日の勘違い駐妻に感謝。

 

<合わせて読みたい>

 

記事がイイね!と思ったらポチッと。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ