20代のシンガポール暮らし

一生日本に戻りたくない日本人がシンガポールで「自由」に暮らしているブログ

シンガポールで暇な人必見!駐在妻もやっている楽しい暇の潰し方5つ

f:id:ruby89:20180424103938j:plain

 

シンガポールは東京23区ほどの面積しかなく、長期滞在者にとってはシンガポールは少々つまらなく感じるかもしれません。

 

「シンガポールって暇すぎる」

という言葉を何度も耳にしました。

 

「旦那は平日仕事して、週末はJBへゴルフに行って、私と家族はどうすんのよ!」

と駐在員男性は何故かゴルフに行く度に「罪悪感」を覚えないといけない。お疲れ様です。

 

なので、今回はそんな「暇を持て余している」長期滞在者用の楽しい暇の潰し方5つをご紹介します!

 

意外と楽しみって探せばあるんですよ。

 

  

1.日本人会に参加する

日本人会とは?

これは既に多くの人が知っていると思いますが、シンガポールには大きな会員制コミュニティーの「日本人会」というのがあります。会員になると「日本人会館」という立派な施設が使えるようになります。日本人会館にはコンサートホール、図書館、レストラン、カラオケルーム、教室、クッキングスタジオ、音楽スタジオ、ダンススタジオ、麻雀ルーム、売店、茶室、ラウンジ、クリニックと立派すぎる程の設備が備わっています。

 

会員になるには?

自分は現地採用のため、会員ではありません。では、「現採だったら入れないのか」といったらそうでもありません。一番大きなハードルが「会費」です。これが結構高いです。駐在員の方はおそらく企業が全額負担か半分負担してくれていて、会員加入はほぼ強制です。高額な会費を払っているのは旦那さんですが、会館などサービスを利用するのは駐在妻さんのみですね。日本人以外も会員になることができます。シンガポリアンで会員の友人が3名ほどいますが、皆さんステータスが高いです。おそらく日本人より高額な会員費を余裕で払えるほどの財力を持っているので普通の人じゃないですね。

 

日本人会の楽しみ

駐在妻の方だったら一度は体験したことはあるのではないでしょうか。サークルや部活動のような集まりがとても豊富です。カラオケ同好会、民踊、茶道、コーラス、ダンス、ソフトテニスなど種類は多岐にわたります。なので、このようなサークルに参加するのも一つの手段です。民踊やダンスに参加すると、3月にガーデンズバイザベイのフラワードームにて行われた「桜祭り」のステージで踊る機会や、チンゲイパレードという大きなイベントでも日本人会代表として踊る機会があります。今度の大きな舞台は9月にある、今回初のナショナルドーム開催の夏祭りです!

 

日本人会ホームページはこちらからどうぞ→ The Japanese Association, Singapore

 

2.大人の社会科見学に参加する

大人の社会科見学とは?

こちらはFacebookのグループで、現在2,300人以上もの人たちが参加しています。元英進館シンガポール校の塾長の森山さんが管理者をされている人気のコミュニティーです。現在は香港和僑会の理事をされているようです。このスゴい方が主催されるイベントが本当に面白い。シンガポールで撮影された斎藤工・松田聖子が出演する映画のエキストラ募集。そして公開後には撮影場所の聖地巡礼ツアーなど、情報源がグーグルより広い森山さんのプチイベントに気軽に参加できることが魅力です。

 

どんなことやるの?

・マレー鉄道跡地巡り・シンガポールのゴミの最終処分場・ビール工場見学・スンゲイブロー湿地帯見学・シンガポールで温泉体験・シンガポール料理食い倒れツアー・昭南神社跡までのジャングルツアー・チャイニーズ系・マレー系・タミル系のお祭り見学・マラッカ世界遺産・ジョホールバル散策・ユーラシア大陸最南端ツアーなど、もはや訳がわからん感じがミステリアスで絶対楽しい。このようなツアーを約1ヶ月に1回ほど、遠足気分で楽しむことができます。

 

参加方法は?

Facebookのアカウントを持っている人だったら誰でも無料で参加できます。承認制になっているので最初にグループに登録するときにいくつかの簡単なアンケートに答える必要があります。もし、Facebookのアカウントを持っていない人は他に持っている人にお願いしてみてもいいかもしれません。参加するツアーやイベントの費用は個人負担となります。

 

大人の社会科見学はこちらからどうぞ→ https://www.facebook.com/groups/singaporevisit/

 

 

3.DPの特権を使ってアルバイトをする

これは駐在妻しかできない特権なのですが、アルバイトです。シンガポールでは特にビザが厳しく、他のビザ(EPやStudent Pass)ではアルバイトをすることが一切認められていません。しかし、Dependant Pass保有者の駐在妻だとアルバイトが可能なんです!なので、暇すぎるし、体力有り余っているし、人のために活動したい!という天使のような人はアルバイトすることをオススメします。

 

何すればいい?

オススメは日系のレストランや居酒屋です。友人(だいぶ年上)の奥さんが伊勢丹の日系レストランで日中働いていますが、すごく楽しいみたい。何より自由って言ってました。シフト制はもちろんのことですが、頑張ったら頑張った分評価してくれて、時給が大幅アップするみたいです。さらに、トリップアドバイザー上で自分のお店のランキングを1位にすると意気込んでいます。本当に達成できそう。。日本人というだけで、レストラン側はお客さん対応能力高い!と評価して、採用もあっさり決まりました。英語はそれほど必要なく、注文が取れるくらいであれば全く問題ありません。

 

どうやって探す?

明治屋や日系のお店に置いてあるフリーペーパー(Singalifeなど)がオススメです。日本語教師や事務員、レストランスタッフなど常に募集しています。あとは人材紹介会社。主婦の方をターゲットとしているところもあるのでぜひチェックしてみるといいと思います!

 

4.語学学校に通う

せっかくシンガポールにいるのだから、英語や中国語を学んでみたい!という人も結構います。自分がお世話になっている日系語学学校にも多くの駐在妻さんたちが日中に学びに来ていると聞きます。いくつになっても学ぶことは楽しいものです。新たな語学を学び、日常のコミュニケーションの幅を広げてみるのはいかがでしょうか。

 

GEOS Language Centre

講師全員が英語ネイティブスピーカーという頼もしい語学学校。レッスンの振替や休学制度、ベビーシッターサービス、日本人スタッフ常駐など授業に通いやすい環境づくりにも力を入れていて、ビジネスマンや主婦など、忙しく時間を取るのが難しい人でも無理なく通えるクラスとなっています。場所はDhoby Ghautです。

ホームページはこちらからどうぞ→ http://www.geosing.com.sg/

 

IKOMA Language School

Orchardにあるこの学校はとても綺麗な内装で、落ち着いた環境でレッスンを受けことができます。おそらく語学学校のなかで一番の古株なのではないかと思います。特徴としては、語学力アップ間違いないレッスンが多いです。というのも、だらだら授業をする語学学校が多いなか、ここではきっちりと授業を詰め込みます。しっかりと語学を身に付けたい方にオススメです。

ホームページはこちらからどうぞ→ IKOMA Language School in Singapore

 

5.旅行客のサポート

こちらのサイトでは海外在住者が現地の知識・経験・能力・サービスを活かして、旅行客のサポートをすることができるマッチングサービスです。海外在住のメリットを活用して、これからシンガポールに来ようと考えている日本人の人たちのサポートをすることができます!

 

現在500人ほどのシンガポール在住の登録者がいて、現地のリアルの情報を日々日本にいる人たちに届けています。「シンガポールでオススメのバーはどこですか?」や「どこのチキンライスが一番美味しいの?」から「初めてシンガポールに行きます。どなたかガイドして頂けませんか?」などの依頼まで様々です。

 

全て日本語でのやり取りで、自由参加なので気楽にサイトを利用することができます。海外在住の強みを活かして日本人旅行客のお悩みをサポートしてみるのはいかがでしょうか。

 

まとめ

暇って何気に辛いですよね。やることが欲しい、趣味が欲しい、コミュニティーが欲しい。まずは気楽にアクションを起こしてみると、意外とその先が広がっていたりするもんです。シンガポールにいると、何事も受け身だと残念ながら誰も寄って来ません。なので、自分から思い切って飛び込んでみることをオススメします!

 

少しでも皆さんのシンガポールライフが楽しくなりますように。

 

<合わせて読みたい>

 

記事がイイね!と思ったらポチッと。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ