20代のシンガポール暮らし

一生日本に戻りたくない日本人がシンガポールで「自由」に暮らしているブログ

シンガポールにワンピースショップが期間限定でオープンしたので行ってきた!

f:id:ruby89:20180417222919j:plain

世界中で大人気の漫画、あのワンピース(ONE PIECE)がサマセットのモール内に期間限定でオープンしているようなので、遊びに行ってきました!

 

 

場所はどこ?

場所:Somerset 313 地上1階

時間:11時から21時まで

期間:4月16日(土)から4月22日(日)までの7日間限定

 

f:id:ruby89:20180417222841j:plain f:id:ruby89:20180417223021j:plain

外にもワンピースのデコレーションがあって少し感動。写真を撮っている人たちもちらほら見かけました。期間限定ストアはサマセット313のモール内1階にあります。思っていたより小さかったけど、大勢の人がありったけの夢をかき集めていました。シンガポールでもワンピースは人気のようです!

f:id:ruby89:20180417223056j:plain f:id:ruby89:20180417223005j:plain

後ろと上から見たらこんな感じ。広い通路に長細く設置したお店です。スタッフがワンピースTシャツを着ていたり、ローやチョッパーの帽子を被っていたりと、結構良い感じ!店員も7人くらいいたんじゃないか。

 

店内の様子は?

お店が小さく、歩く通路が狭かったですが、それでも多くのワンピースファンでいっぱいで「待ってました!」と言わんばかりにたくさんグッズを手にしていました。 

f:id:ruby89:20180417222845j:plain f:id:ruby89:20180417223020j:plain

店内もカッコいい!やはり日本NO1のポップカルチャーコンテンツといっても過言ではない「ワンピース」なだけあってお店はとても手の込んだ作りでした。200ドル以上買った人にはグッズ入りのギフトバッグを数量限定で渡しているみたいです。なので、近くにいたカップルが必死にスマホの電卓たたいて計算してました。

 

グッズの値段は?

f:id:ruby89:20180417225510j:plain f:id:ruby89:20180417222954j:plain

正直、だいぶ高いです。帽子1個が45ドル(約3,650円)手配書1枚が19ドル(約1,540円)でした。手配書の裏に小さく600円と日本語で書いてあったのは内緒。日本からのグッズのみだと思ったらそうでもなく、韓国語や中国語のタグがついたグッズの方が多かった印象です。

f:id:ruby89:20180417223108j:plain f:id:ruby89:20180417223117j:plain

いかにもUFOキャッチャーの景品なチョッパーの小さなぬいぐるみが15ドル(約1,200円)。そしてそれより小さい「ムギムギおてだま」が5個で70ドル(約5,700円)。だったらUFOキャッチャーを57回遊びたい。これらを実際にお客さんは買っていくんだからすごい。

 

まとめ

残念ながら自分には全て高すぎて手が出せませんでした。しかし、ワンピースの雰囲気をシンガポールで味わえたのでそれは良かったです。お店をひと通り見終わって気づいたんですが、どうやら少し離れた場所で列ができていて、数名ずつ店内に案内していたようです。気づかなかったー。そうとも知らずに普通にサクッと入っちゃいました。スタッフも笑顔で"Welcome!"って。並んでいた10名のお客さんに申し訳ない。

 

今年は本当にポップカルチャー推しな年になると思います。というかなります。ワンピースもこの期間限定ストアのみではなく、今後大きなイベントもやると思っています。シンガポールの日本推しは、果たして一体どこまで続くんでしょうか。何かと今話題の漫画業界ですが、シンガポールに早く進出するのも手だと思います。何故か知らないが現地ではコナンが大人気。何故なんだ。教えてほしい。

 

記事がイイね!と思ったらポチッと。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ