20代のシンガポール暮らし

一生日本に戻りたくない日本人がシンガポールで「自由」に暮らしているブログ

【初心者】20代の日本人がシンガポールで初めて株を買ってみた

最近は涼しい日が続いています。

どうも、ルビーです。

 

 

今回も、「投資」にまつわるお話です。前回の記事の続きです。1週間もしない内に証券口座開設の連絡が来たので、早速触ってみました。完全に初心者なので、何が何だかわかりませんがリポートしてみます。

 

 

 証券口座はどんな感じ?

前回の記事でも紹介したように、Standard Charteredで証券口座を開設しました。その理由は手数料が安いからという理由のみです。なので、実際に株の売買に使うソフトや、アプリなどの使い勝手は考慮していません。

 

まず、単純ですがややこしかったこととして、「口座の種類」があります。自分はSCの口座を持っていなかったため、新しく預金口座を開設しました。その口座に10,000ドルを送金し、株を購入したら「金額が不足しています」とエラーの表示が出てしまいました。

 

エラーの原因は「預金口座」に入金したためです。株の売買をするためには当たり前ですが、証券口座にお金が入っていないと何もできないです。さらに、自分はSGD,USD,JPYという3つの為替での口座も開設したみたい(申込用紙にチェックいれただけ)なので、その3つの内のSGDに入金し直しました。

 

いざ、購入となると初心者の自分には難しい印象です。というか全く分かりません。どこの数字を見て、どこの欄を参照していいのか分かりませんでしたが、とりあえずBuyとSellの欄に購入したい銘柄を記入してクリックしました。売買のみだったら特に初心者でも問題なくできると思います。

 

 どの銘柄を買ったの?

自分が今回、株人生として始めて購入したのがこちらです。

f:id:ruby89:20180305125318p:plain

これはSCのトレード用の専用サイトで見れるものです。

名前:EC World Reit (BMCU)

購入数:2,700

購入額:2,080.67

手数料:11.58

 

ついに買えました。初株

ここで、お気付きの方もいるかもしれませんが買った時点で(手数料抜き)で小額のマイナスです。後から気付いた(やってみて分かった)ことはLimitとMarketという2種類の買い方があること。Limitはざっくり言うと「私、この指定した値段で買いたい!1日中でも待つからその指値ね買うね!」というものです。直ぐに株が購入される分けではなく、その値段になったときに初めて購入されるものです。そして、その逆がMarketです。「この株数をすぐに買いたいんだ!現在の売買価格ですぐに取引してくれ!」というものです。今回は小額のロスが発生したのは恐らくMarketを選んでしまったからだと思っています。2,700株の内、700株が最安値で購入することができませんでした。何株をいくらで購入したというのはすぐにSCからSMSが飛んできました。なので、次回からはこの点にも気をつけて購入したいと思います。

 

何でこの銘柄を買ったの?

今回、自分が購入した株の種類はREITになります。日本語だと「不動産投資信託」です。不動産といっても現物ではないため、不動産の所有をすることはできませんし、オーナーの権利もありません。文字通り投資信託なので、不動産を公衆から集めた資金で運用する専門の会社に投資を依頼している形になります。

自分が思っているメリット

  • 投資信託のためリスクが比較的少ない
  • 利回りが高い
  • EC業の伸びにはロジスティクスが必要不可欠

初心者として、いきなりキャピタルゲインを狙って一般企業株に投資していこうというのはリスクが高すぎるのではないかと思いました。なので、まずは株やお金がどのように回っていくのかという仕組みを体系的で学んで行きたいと思いリスクが少ないものを初めての株として選びました。

 

EC World Reitについてです。

※3月4日(日)のデータに基づいています。

まず、Price to Book Ratioという指数があります。これは株の値段をNAV(純資産総額)で割ったもので、簡単に言うとこの数値が低いほど「株価が割安」であるということです。これが今回0.84で、16%OFFで買えるといった考えになります。ただ、今回のこの数値はREIT商品の中で決して低い方ではありませんでした。続いてGearingという数値があります。これは簡単に言うと企業の安全性でしょうか。どのくらいの割合で借金して会社を回しているかというものです。これが今回29.2というとても低い(健康的)な数値でした。ざっくり45%が最大(不健康)だと思ってもらって良いです。最後に配当です。そのままの意味です。これが7.88という高い数値でした。もっと高いので8.94(Lippo Malls)とかいうのもありました。

 

数値だけ見ると、健康的ですし、REITとしてはまずまずではないでしょうか。

あくまでも素人の意見です。

 

調べたら分かりますが他の投資サイトなどでの評価は結構低いです。

とにかく自分の考えに対してどうなるか楽しみです。

 

そして、一番重要なのがこの会社何に投資してるの?かということです。

それはPort, Warehouse & e-Commerce infrastructure in Chinaです。主に中国の港や倉庫の不動産、EC事業に投資してるようですね。"New Retail" という言葉をご存知でしょうか。中国が本腰を入れている小売の新しい形です。仕事で中国の小売業界の情勢を耳にすることがあったのですが、日本人のマインドでは信じられないようなECの仕組みがありとても興味が湧きました。なので、EC業のインフラ作りはこれからも必要になるのではないかと思いこの会社に決めました。安易ですね。特に決算書や何とか書は見ていません。見た方が良いです。

 

 これからどうするの?

まだ2,000ドル近くしか株を保有していませんが、これからはゆっくり学びつつトレードしていく予定です。今回のトレードはあくまでも勉強という名目で、最悪ロスになっても良いと思っています。なので、次回からはもっとしっかりと考えてトレードしていきたいです。10,000ドルまでは全て株を購入していく予定です。同じく2,000ドルくらいづつ保有していって、5銘柄ぐらいをウォッチングしたいと思っています。REITを4つとキャピタルゲイン狙い銘柄1つ。

 

 

まとめ

初めて株を購入することに成功したので嬉しいです。これからがスタートなので、今後も気を引き締めて勉強を怠らず学んでいけたらいいなと思っています。目標額を貯めるのもそうですが、経済の知識をたくさん付けていって、日々の仕事や人間関係に還元できたらもっと嬉しいです。残りの4つの銘柄の選定を今月中に終えたいと思います。

 

追記:さらに「株」買いました↓

 

ブログ村始めました。

このブログを応援してくださる方がいたら、下のバナーをクリックしてください。

このブログの応援に繋がります。

 にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村